甘く熟した、思い出の果実。

 

明日がこなければ良いのに。

 

そう思ったのは、本当に久しぶり。

 

最後に思ったのは17歳の時。

当時一緒にいてくれていた人と離れたくなくて

この腕を解いたらもう2度と関わる事は無い気がして。

 

ずっとそのままでいたから

腕もしびれたし、疲れたけれど。

随分長い時間そうしていたと思う。

 

腕を解けずにいる私に、君が問いかけた言葉。

 

問いに出して私は「どちらも」、と答えた。

 

そしてそのあと君が出した答えは、長い長い嘘への入り口だった。

 

私と君はきっと似ている。

 

見た目も性別もスペックも全てが違うけど

魂が似ている。

 

だからあの日、仲良くなったんだろうね。

 

そして、

お互いを取り込もうと必死だったんだろうな。

 

 

 

思い出せば甘く熟した思い出たち。

あの頃に思いを馳せ

甘く熟した実をかじる。

 

あの頃がなければ、今私は立っていられなかった。

 

明日がこなければいい。

 

その言葉が思い浮かんだタイミング。

その過去に思いを馳せ

現在の私は夜空を仰ぐ。

 

明日へ続くだろう夜空を眺め

輝く星を探す。

 

 

今日は本当に疲れた。

昨日も疲れたけど、今日はもっと疲れた。

だから、今日は美味しいものを買って、食べて、お風呂に入って寝る。

洗濯物だけは干そう。

それ以外はしなくていいからね。

 

 

また朝になってから考えよう。

 

朝の私は強い。

夜の私は優しい。

 

次の日の朝の自分を想って、無理をしてしまう。

 

夜の私は1日頑張った後だから、

早く休めてあげよう。

 

 

めちゃめちゃ嬉しい事。

 

今日、ありました。

 

実は今日はずっと気分が落ち込んでいたんです。

理由はたぶん「良い気分でいる」と唱えすぎて、「その時の気持ち」を「良い気分でいる」っていう義務に上書きしちゃったから。

 

その時の気持ちが落ち込んでいるなら、落ち込んでいるねどうしたの?って対話する事が必要だったけれど、そこがすこーんと抜けていたみたい。

 

要は、無視されていた、状態だったから、だから気分良くなかったんじゃないかなって思う。

 

今日1日本当に全てにおいてタイミングがなんが微妙だった。その事も納得。

 

その時の気持ちを受け止める。

気付けて良かったあ。

 

そして、それにプラスして今日起こった嬉しかった事。

 

アルバイト先で、お客様からメッセージを頂いたんです。

 

「丁寧で笑顔の素敵な接客で心地よく過ごせました。ありがとうございました。」

 

私もメッセージを頂いたお客様の事覚えていて。

丁寧な物腰で接客が楽しいな、って感じる方だったんです。

こちらこそありがとうございます…!

という気持ちでいっぱいです…。(感涙)

 

この時、私やっぱ接客が天職か、って思いました。笑

 

実は天職かなって思った事はこれで2度目。

1度目は着物で接客するような会席料理店で働いていた時。

基本的に接待などに使われるお店だったので、幹事様と相談して、サポートして、進めていくのが本当に楽しくて、大変だったけど、喜びもそれ以上だった。

 

2度目は今日ですね。

 

でもどちらも「後輩への教育」や「素早い接客」「売り上げ」など絡むとどうにも…。

 

接客、自体は好きなんです。

 

だから今日は接客だけする仕事?ってなんかあるかなぁ、なんて考えていました。

 

良い気分でいる。って唱えるようになってから接客が特に楽しくなったんです。

お客様と店員、なんですけど、その一歩先というか、肩書きの前にお互い人間であって、人と人との会話をする意識、というか。

 

マニュアルを少し飛び越える接客。

 

心に届けたい。って思いがあります。

 

これが純粋な形で活かせる事って、何かあるかな。

 

 

私の中の矛盾。

 

今は、働かなくては生活ができない。

仕事を辞める事が出来ない。休む事ができない。

 

そう思っているから、その現実が、今有る。

 

そう「成っている」

 

未来の私へ。

楽しい仕事がしたい。

スターバックスや椿屋珈琲や星野珈琲などの落ち着いててゆっくりできるカフェで、美味しい飲み物を片手にリラックスして仕事がしたい。

どこでだってできる仕事がいい。

 

海のあるところへ行っても

星空の下ででも

朝日を浴びながらでも

夕日を眺めながらでも

夜景をバックにでも

 

どこででも、自分が「リラックス」出来る場所で仕事がしたい。

リラックス出来る場所で生まれる思考ってどんな事だろう?

 

本を読むこと、考える事、それを言葉にする事。

そして、体験、経験、考えを私が好きだ思える人たち、共鳴出来る人たちと伝えたり、共有したりすること。

 

なにかそういう事ができる仕事。

 

 

 

あのときの私の選択。

 

今日はこの本を読みました。

 

f:id:akari_akzk:20170313122605j:image

 

「からだの声を聴けるスピリチュアル治療家の

<本当の自分>につながる本」

買ったときは思わなかったけど、打ってみるとタイトル長いですね笑

 

でもこのタイトルに惹かれてこの本を買いました。

 

もう一冊買ってあって、その本もタイトル買いだったな。

 

今回、この本を読んでみて、過去の自分との答え合わせをしている気分になりました。

 

なんだか憧れだけで通い始めた養成所。

私は昨年まで声優の養成機関に通っていて、声優を目指していました。

 

きっかけはアフレコ体験。

声だけでの表現が楽しかった。

自分以外の自分になる楽しさ。

 

でも私はその気持ちを忘れて、講師や見えない審査員に対して、勝手にイメージを作って、そのイメージに自分を当てはめて、苦しんだ。

 

そして、苦しくて、辛くて、声優になる事をやめた。

そのときは演じる事が楽しかった!なんて事忘れてて。

 

目指した理由は

普通の女の子に見える人たちが、ステージの上でキラキラしている。

嫉妬に近い憧れだったのかもしれない。

ステージに立つにはとても可愛くなくてはいけない。顔の造形やスタイルの良さが必要。

それを飛び越えて、「声優」という括りで、肩書きだけでステージでキラキラできる。

 

なにそれ!私にも出来そう!

 

って思った事がきっかけだと思い込んでた。

 

今ブログ書いてて思った。

というか、思い出した。

 

私、楽しんでたよ。

 

最近、また芝居がしたいな、って感情が湧いてきた。

 

それが不思議で。

 

やめた事で、暇になったのかな?

まだ無意識に、あわよくば…って思ってるのかな?

なんでだろう?

どうして?

 

って思ってた。

 

そうだった。私楽しんでたから、その感覚がゆっくり戻ってきたんだ。

離れてみて、そういえば楽しかったな、って思い出したんだ。

 

養成機関に通う=プロになる、声優になる。

 

なんだろう。

必ずプロに、頂点にならないといけない訳ではないのに、なぜかそういう観念がある。

 

またひとつ観念が見つかった。

 

本を読んで、ブログを通して、すこしずつ自分を見つめる事が出来ている。

 

好き!楽しい!と思った事が、嫌になった。苦しくなった。

そして私はそこから離れた、辞めた。

 

辞める選択ができた自分にありがとう。って思う。

 

次はどこへ進もうか。

 

 

 

 

 

 

 

透明で、澄んだ心。

 

いつだって、どこでだって。

そんな心を持って生きていたい。

 

f:id:akari_akzk:20170310211637j:image

 

原田真裕美さんの本を読みました。

「あなたの人生で本当に大切にするべき27のこと」

 

本の色合いと、開いた瞬間の感覚がとても良くて買いました。

 

この本を見つける前に何冊か本を見繕っていたのですが、この本を手に取った瞬間

 

あ、今日はこの本だ。

 

って思って買いました。

ピンッときたら即決で買っちゃいます。笑

 

そういう本は全読みよりもパラパラめくって気になったページを読む。

そんな読み方をします。

 

今回は、最後が1番良かった。

なんか前半〜真ん中あたり読んででもピンとこなくて、思い切って最後あたりを読んだら、その言葉たちが、スッと入ってきました。

 

引き寄せっていうものを実践してみるにあたり、どこか私の中で引っかかる感覚がありました。

 

違和感。

 

なんだろう?って思っていて

でも少しずつ実践はしてて、良いことを見つけられるようになってきて、違和感も薄れるというか、忘れていっていたんです。

 

それで、今回この本を読んで

 

スピリチュアルな事も、本人が納得していなければ上っ面である。

 

という理解が、ふわっと出来て。

 

ああ、これか。って思って。

 

私の中で、私の中の私という存在を理解しないまま、偉い人がこう言っているから!こう思わなきゃ!

ってなりそうになってた。

 

まずは私を満たす。

 

 

 

 

 

見えない相手への言葉。

 

とても緊張する。

 

メールとかスカイプとかLINEとか、実は文字で会話するほうが好き。

自分の言葉を何度も見返して、付け加えたり、逆に伝える事をやめたり出来るから。

 

ただ今回は緊張している。

 

喫茶店のアルバイトをしていて、シフトは1週間ごとの提出。

それが最近1ヶ月ごとの提出になった。

暫定で構わないから、出勤できそうな日を提出してくれと言われたから。

実際にシフトを確定させるのは今まで通り1週間前までで、一応変更とか出来るから。

 

という話だった。

 

そして、最近体調と気分があまり良くない、疲れがたまってる。

と思ったので、来週の3連休はシフトを減らそうと思い、シフト申請のサイトを開いた。

 

ん?

 

休み希望の日が、出勤になってる!

 

え?!

 

人が居ないとは言っていたけど…

希望を無視して入れられちゃうのか…

と落ち込みました。

 

しかし、やはりなんかおかしい気がする。

出勤可能と伝えた日が休みになっていて、休み希望の日が出勤になっている。

 

これはもしかして、何かのミス?

 

今までだったらしょうがないかな。って思っていたけど、思い切って聞いてみることに。

 

シフト作成の担当者にLINEしよう。

 

そう思って文章を作る。

なぜか悪いことをしている気分に…。

自分を大切にするってこんなにも手が震えることなのか…笑

いかに慣れて無かったかが分かる。

何度も何度も読み返し、大丈夫かな…?と不安になりながらも、ええい!送ってしまえ!と送信ボタンをタッチ。

 

まずは聞くことができた!

 

進歩だあ…!

 

シフト提出時のサイトのスクショは取ってあるし、確認した上での連絡。

自分が悪いわけじゃないのに、なんか不安になるよね笑

でもちゃんと聞いてくれてありがとう。自分。

 

LINEで連絡完了したのに未だに手が震えてるし笑

どっと疲れた。。

返信来るまで、うーーーー(不安)って感じになると思うけど、よく頑張った、自分!笑

 

不安を書き出すと、少し落ち着く。

こんな時は無理に電車に乗ったりせず、ホームの椅子に座って、少し落ち着くのを待つ。

 

混んでいるし、今電車に乗りたくないよね?

疲れてるね。ちょっと休もうか。

少しくらい休んでもいいし、急いで帰る必要もないよ。

 

不安な時こそ、自分をないがしろにしてしまって、動けなくなることが多かったけど

そんな時こそ、意志を持って立ち止まる。

休む。

 

動けなくなる事と、自ら立ち止まることは違うよね。

 

よーし。

ちょっと、かなり落ち着いてきた!笑

 

今日は軽く運動して、ゆっくり休もう。

お疲れ様、自分!

 

 

 

 

本当の自分。

 

本当の自分を知られたら、きっと嫌われる。

 

だから私は隠す。

 

なぜ隠すの?と聞かれた時

私という存在に固定観念を持って欲しくないから。

 

でもこの言葉の本当の意味は

本当の自分を知られたら、きっと嫌われる。だから、隠す。

 

だったんだと気づく。

 

みんなから好かれたい。愛されたい。

可愛がられたい。

 

みんなって誰?

私に出会った全ての人。

 

その全ての人から好かれたい。可愛い、いい人、優しいって思われたい!

 

ふと。

これ、なぜかネガティブに捉えてたけど、

自分に対して、自分の事好きだよって伝える。

自分に対して、自分可愛いね!って伝える。

自分に対して、自分優しいなぁって伝える。

 

求める相手を他人(みんな)にしてたから、求めてばかりの無い物ねだりになってたみたい。

 

実際、自分で自分を褒めてる時って最高に気持ちいい。これは最近気づいた事。

心底褒めるって最初は難しいけど、慣れてくると気持ちがいい笑

 

 

本当の自分を隠していたのは、自分に対してだった。

人がどう思うかじゃなくて、自分がどう思うか。

 

私は優しいし可愛いし、素敵!

他人から、否定されるような事を言われても、それはその人の意見であって。

取り入れるかどうかは自分で選択できる。

 

あの人は私の事可愛くないって言ってる。

 

以上、終わり!

可愛くないって言ってるイコール悪い事言われた。って認識しちゃうとアウト!

 

どう捉えるか。

私は、私が心地いい捉え方をして、私自身を癒してあげたいし、心地よく過ごさせたい。

 

 

また一歩前進。