めちゃめちゃ嬉しい事。

 

今日、ありました。

 

実は今日はずっと気分が落ち込んでいたんです。

理由はたぶん「良い気分でいる」と唱えすぎて、「その時の気持ち」を「良い気分でいる」っていう義務に上書きしちゃったから。

 

その時の気持ちが落ち込んでいるなら、落ち込んでいるねどうしたの?って対話する事が必要だったけれど、そこがすこーんと抜けていたみたい。

 

要は、無視されていた、状態だったから、だから気分良くなかったんじゃないかなって思う。

 

今日1日本当に全てにおいてタイミングがなんが微妙だった。その事も納得。

 

その時の気持ちを受け止める。

気付けて良かったあ。

 

そして、それにプラスして今日起こった嬉しかった事。

 

アルバイト先で、お客様からメッセージを頂いたんです。

 

「丁寧で笑顔の素敵な接客で心地よく過ごせました。ありがとうございました。」

 

私もメッセージを頂いたお客様の事覚えていて。

丁寧な物腰で接客が楽しいな、って感じる方だったんです。

こちらこそありがとうございます…!

という気持ちでいっぱいです…。(感涙)

 

この時、私やっぱ接客が天職か、って思いました。笑

 

実は天職かなって思った事はこれで2度目。

1度目は着物で接客するような会席料理店で働いていた時。

基本的に接待などに使われるお店だったので、幹事様と相談して、サポートして、進めていくのが本当に楽しくて、大変だったけど、喜びもそれ以上だった。

 

2度目は今日ですね。

 

でもどちらも「後輩への教育」や「素早い接客」「売り上げ」など絡むとどうにも…。

 

接客、自体は好きなんです。

 

だから今日は接客だけする仕事?ってなんかあるかなぁ、なんて考えていました。

 

良い気分でいる。って唱えるようになってから接客が特に楽しくなったんです。

お客様と店員、なんですけど、その一歩先というか、肩書きの前にお互い人間であって、人と人との会話をする意識、というか。

 

マニュアルを少し飛び越える接客。

 

心に届けたい。って思いがあります。

 

これが純粋な形で活かせる事って、何かあるかな。