読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう、いらない。

 

ふと、自然にそう思えた。

良かったね。

 

この傷、もういらない。

 

多分、私はこの傷にすがって生きてたんだ。

 

これがあるから、出来ない。

うまくいかない。

 

これがあるから、きっと夢なんて叶わない。

 

本当は、本当にやりたい事では無かっただけ。

 

 

この傷があるから、実家に居たくない。見られる。

 

本当は、一人暮らしがしたかっただけ。

自由になりたかっただけ。

親から離れたかっただけ。

 

 

ただ、それだけ。

 

昨日までは、この傷のことを

社会的に不都合な事、隠さなきゃいけない事

って思ってた

 

けど、今は

もう、いらない。

私はこの傷がなくても大丈夫。

傷があるから特別って、自分の事思ってた。

 

けど、もう、分かってるよね。

 

出来ないふりするの、やめようか。

被害者ぶるのやめようか。

弱いふり、か弱いふりするのやめようか。

 

 

 

私は、もう、大丈夫。

 

歩いていこう。

ここから本当のスタートだ。